令和2年4月号
人口雪かもしれないぼたん雪が降り、外をうろつかないで家にいろと思わせる天気、ラジオで電話こども相談室を聞いて、常光徹『魔除けの民俗学』をひらく。
悪病を除けるために軒下に「ニンニクを下げる」「唐辛子を下げる」のは、植物の強い刺激に病魔を退散させる効果を期待したもので、取手市ではニンニクは千葉柏の宿連寺の天王様まで行って、迎えてきたものを下げると流行病が家に入らないという。
『土佐民俗記』に、戸外で罹ったわけの判らぬ病気を、家人や村々の祈祷師がまじなう時、箕(み、脱穀のため殻を取り除くバスケット)の中に南天の葉をお礼として載せて置き、患者をパッパと祓う真似をすると記してある。
山野を歩いているときに、突然寒気がして発熱し体調をくずすことを「イキアイ」「行き合い」に遭う、といった。

ブータンに行ったとき、家々に唐辛子がぶら下がっていた、思い出が良くて、二度と行かないと決めている国だ。もちろんインターネットがなかった時代、みんな頬っぺたが赤くて、厚い手先をしていた。
児玉 智子
令和2年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月 最終号
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号