平成29年12月号
栗むし羊羹のお礼状を書きながら、ヒツジが登場してくるのが可笑しいと思い、辞書を引いた。
何をひくのか忘れ、「ウィッタード」の茶漉しが優れもので、見惚れていた。
京子さんは、フランス人のご主人と、新天地UKで育児に奮闘している。贈られた紅茶カップと茶漉しは、京子さんが愛用しているものだ。

橋本治『巡礼』と水谷竹秀『日本を捨てた男たち』を続けて読んで、「ちぇ、独居じいさんはしょうがない!」
と思う。子育てから開放された女性から離婚の相談を受けることがあり、独りの気侭さに慣れてしまった私は、説得力がなく、老後の家族の深さを伝えられたらいいと思う。
毎日の退化を意識しながら、不自由になっていく体と心を実感し、困窮邦人のじいさんが日本の家族を捨て、フィリピンの女性を追い求め、現地に移り住む気持ちも判るような気がする。

母が居る施設に、フィリピン人の職員がいて、大雑把でも、包容力がある。最後はこういう感じが生きる栄養になっている。
児玉 智子
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号