令和元年12月号
やっと、今年が終わろうとしている。犬がいない生活に慣れなければならない。

自己責任という言葉が流行っていた時代、自分だけに責任を押し付けて終わらせようとして、人間の行動は経済行為だけ、損得を清算しろと脅迫しているようなものだった。

ナタリー・サルトゥー=ラジュ『借りの哲学』を読めば、カイロみたいな気分になれる。
人間は状況にかかわらず、本質的に他人に依存していて、「生まれたときに名前をつけてもらう」ことで、自分が自分として生きていく。
「他者の言葉」が必要で、他者がいなければ、自分であることさえできないし、対等でない関係が存在する。
等価交換的な釣りあいをとることは「正義」で、「赦し」は「正義」ではないが、憎しみを癒すことができる。
児玉 智子
令和2年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月 最終号
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号