平成25年1月号
大掃除は年越し、年越そばの出汁をひっくり返す新年、母にまずいお汁のお雑煮を食べさせ、デイサービスに送りだすお正月、新幹線に飛び乗り「桃太郎神社」をめざす。
木曽川沿い栗栖村、いくら歩いても神社が見つからず、かすかに見えるのぼり旗、確かに桃印がついている。
この山里に住んでいた老夫婦、上流から流れてきた大きな桃を切って食べようと思ったところ、真っ二つに割れて、中から出てきた男の子、これが桃太郎君。
桃太郎は、どんどん成長し、犬山市在住のイヌ達を子分に、可児川に住む鬼退治に出陣します。
鬼を退治したあとの村々は平和となり、お爺さん、お婆さん、桃太郎の姿を見ることがなくなった。

お正月の自由が丘、スタバとマックだけに人が集まり、お年寄り独りの姿もある。
家族を再認識するお正月、父が亡くなる前の年、「正月ぐらい家に居ろ」と酔って涙ぐんでいた。
父は桃太郎といっしょに、今年も見守ってくれます。
児玉 智子
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号