平成21年11月号
アーメド・アシルさんが10歳まで過ごしたエクラシュプール村は、バングラのダッカからメグナ川を船で3時間半下った場所だ。
BABU-KANO基金の横浜事務所で、アシルさんが作ってくれた本場のカレーを食べたあと、村役場に集まった子供達とモニターを見ながら、里親たちは自分の子供と会話を楽しんだ。
「イトウサン、元気ですか。僕は学校に行くのが楽しい。医者にナリタイ。」
「随分大きくなったね、12月に行くから待っていてね。」
里親となった人達は、今の教育現場にうんざりしている学校の先生が多く、モニターに写る真っ黒な瞳が「勉強をしたい、村人の役に立つ仕事がしたい。」と云っているのを聴いていると、経済最優先は人を助けることを忘れるなあと思った。

エリートコースは辞めカルカッタとバングラの旅に方向転換した人が、私の写真集を数十冊まとめて購入してくれ、私の暗く重たいモノクロ写真をえらく気にいってくれた。
その気持ちよさは、アシルさんの活動資金に充てることで増幅した。
九州大学で働くアシルさん、バングラのグラミン銀行の施設を使って双方向コミュニケーションツールを開発するという。
児玉 智子
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号