平成29年2月号
この頃、オスプレイが飛んでいる気分にさせる、上空が騒がしい日があり、沖縄住民の生活は、いつもこうなのだろうかと思う。
表紙の落ち着かない椿の絵に呼ばれ、三島由紀夫『行動学入門』を読んでいる。
細江英公写真集『薔薇刑』と、1970年に市ケ谷駐屯地で割腹自殺した三島が、作品として一体化している。

目黒のアスベスト館で、細江英公が写真のワークショップを開催していた時代があり、生徒にもプロの写真家がいた。
生徒の中に、男女の交わりだけを撮る女性カメラマンがいた。細江さんの一言は「貴女も被写体の人達も、いずれ家庭を持ち、子供を育てる。写真は永遠に残る作品、写真に対する考え方を変えるべきだ。」
それを思い出しながら、第2章『おわりの美学』を読む。

母と犬が同時に、クレアチニンの値が急激に上昇、「しんちゃん」の、つべこべ云わず、生きようとする姿に感心し、生きる意味を自問するのは止めることにする。
児玉 智子
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号