平成26年1月号
元旦の午前中、山手七福神を駆け巡った。江戸城裏鬼門守護のため江戸時代から続く七福神、何も祈願することがなくても七体を並べてみたい。
大晦日に大岡山の蕎麦屋で「良いお年をお迎え下さい。」と云われ、いい年がやって来るのだろうかと、鷲田清一『ひとの現象学』を読み始める。
夜半に母は「仰げば尊し」を口ずさみ、犬二匹は私のお腹に顎を乗せ、いびきが高鳴り、起きてみれば、明らかに天高く青く澄んだ新年がやってきた。
昨日と今日の違いは何なのだろう、昨日ある会社を閉じる打合せをして私の気が下がったことは確かだ、確かでも私に出来ることは限られている。
新年、犬の散歩をしながら、幼馴染にお餅とお菓子を持っていったら、何だかすごく嬉しそうだった。
こんな気分の変化が日常茶飯事、今年もそんな一年が始まります。
児玉 智子
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号