平成23年12月号
旧東海道品川宿運河沿いにある荏原神社、参拝客が見あたらない酉の市、商売繁盛や招福を神頼みしても虚しいことが判り、自分なりの幸せ感は「じぶんち」の中にあることを皆が知るようになった。
一軒だけの露店は、小判盛りや大顔白塗りのおかめでない、小ぶりの熊手が並べられ、お祖母さんと孫が店番し、側でお母さんが子供をおぶって寝かしつける姿、静かな招福を見ながら、旧道に戻る。
品川宿まちづくり協議会は、「品川宿交流館」が活動拠点となり、周辺商店街のシャッター通り化を食い止め、歴史や文化を後世に繋げていく活動をしている。
道路が整備され休日の昼間は訪れる人がいても、夜は人の流れをつくることが出来ず、真新しい街路灯が寒々しく光る。
高層ビルの谷間に位置する民家や商店は、どこも同じ問題に直面している。
児玉 智子
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号