平成19年05月号
今年も陶芸家イム・サエムさんの作品展が開催された。
イムさんのアプサラ陶房と住まいは、愛知県藤岡の丘にある。
カンボジアクメール生まれのイムさん、王立芸術大学陶芸科を卒業し日本に研修生として来日、瀬戸で修業して1980年に独立、日本人の奥様といっしょに作陶を続けている。

アンコール王朝数百年間に栄えた陶芸の伝承は、ポルポト時代に多くの指導者が殺され、窯やろくろの施設も破壊されてしまった。アンコール遺跡や工芸品は世界の美術品愛好家から高い評価をうけ、今でも組織的盗掘で荒稼ぎする者があとを絶たないという。
イムさんの器は、その心の傷を安南の染付けで表現しているかのようにみえる。
児玉 智子
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号