平成28年10月号
浄楽寺にある、仏師運慶作の阿弥陀如来の手に、水掻きがあることに気がつき、それからは、大きな水掻きの仏像ばかりを探すようになった。
水掻きにみえる、指の間にある膜を、縵網相といい、「多くの人々をもれなく救う。」という意味合いだという。
印相は来迎印(阿弥陀如来が極楽浄土から迎えに来るときの印相)でないと、見つけにくく、願成就院の阿弥陀如来は、説法印(胸の前でチューリップが咲いたような印相)で表現し、運慶は立体感を強調したといわれ、水掻きがかなり大きい。

母が居るグループホームで、99歳の男性が亡くなり、家族の希望は、ホームで静かにお迎えを待つ、ことだったので、スタッフの人達が忙しそうだったが、希望がかなえられた。
2週間前には、おかゆを食べる姿があり、蝋燭の火が消えていくような感じだった。

このホームで、みんなと一緒に、童謡を歌おうと思い、安い篠笛を購入した。
早朝に「たこたこあがれ」ばかり練習し、音が出ないときもあり、次のレッスンの日が怖い。
児玉 智子
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号