令和元年11月号
東京で一番好きな美術館、品川の原美術館が閉館するという。
来館者用のトイレだった場所に「森村泰昌」の作品が常設され、「加藤泉」の石と木彫の作品に惹かれるのは、マリのドゴン族を思い出させる、赤土のにおいがするアニミズムが宿っているからだ。

ユーロスペースで「アートのお値段」を観た。
1990年代、クリスティーズの経営責任者は、オークション戦略について検討し、近代巨匠の傑作作品が減少し、美術品市場が枯渇していくことを恐れ、無限な現代美術作品をマーケットの主流におきかえることにより、巨大な市場は、アートに興味がない富裕層にも、惜しみなく資金を注ぎ込ませた。
「高橋コレクション」のコレクターで、精神科医高橋龍太郎の随筆によれば、脳の仕組からして真善美と欲望は対立し、人生とはこのふたつの対立する脳内ゲーム、オークションの相場が、芸術的価値をきめるなんてとんでもないと言いたいが、この映画は、現代アートのオークションこそが、アートの裁判所だといっていると書す。
高橋先生が「コレクターとしての厄介な病」を抱えるも、医師として日夜従事する姿を、長い間観察してきた。
児玉 智子
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号