令和2年2月号
長い間、男性の自営業者を顧客としてきた。
50歳代まで、相続対策を積極的に取り入れようとする姿勢は、いつの間にか忘れ去られ、会社を売却することを提案すれば、70歳代の経営者は怒りはじめ、妻は「家にいられては困る」という。
年金があてにならない時代に、従業員の転職先まで考える余力がないようにもみえる。

大学院の論文は宝物がたくさんあり、朴新『日本人の労働観、歴史的変遷』と君嶋千佳子『派遣労働の本質と日本の働き方に及ぼした影響』を見つけた。

企業は人材不足に喘いでいるものの、派遣会社には「使えないから返します」という。
バブル崩壊後、長期的な不況が続き、日本的経営における「終身雇用制」「年功賃金」が絶対的なものではなくなってきた。
終身雇用制のもと、個人は企業に労働の質と量ではなく、人間関係によって仕事が遂行された。
若者は、機械や組織そのものが主導権を持つ職場に、行き場のない窒息状態に陥り、脱サラし、派遣労働のほうがまだマシと思うようになる。

会社員となったとき、制服を着ての教育訓練にうんざりしたが、ちょっとした技術が身につくと、明日も先輩に褒められたい、そういうことがあった。
児玉 智子
令和2年 1月号 2月号
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号