平成30年4月号
荏原中延にある隣町珈琲は『小商いのすすめ』平川克美さんが店主を務める喫茶店だ。
平川さんがゲストを呼び対談するイベントは、出版業界の不況を補い、物書きが身近な存在だということを、気付かせてくれる。

文化人類学者の松村敬一郎『うしろめたさの人類学』を読み直してみた。
帯に山極寿一が、「おかしな人」不在の日本社会を変革する道は、「うしろめたさ」に気づき、断絶した世界が「つながり」を取り戻す、そういう帯につられて購入した本だった。

構築主義という考え方、ストレスとか鬱とかの言葉がなかった時代から、流行のような言葉になったことで現実を作りだす。しかし主義の視点は、体制を批判するときに有効でも、批判だけで終わらせたくない。
松村のフィールドワークの地エチオピアで、自分が彼らよりも不当に豊かを享受できているという「圧倒的な格差へのうしろめたさ」から、ポケットの小銭を物乞いする人に渡す。

個人の確定申告で、何百万円もふるさと納税をする人がいる、焼肉屋が出来るほど霜降り肉が届くかもしれないその人達は、ふるさと納税額の節税ラインを計算するところから始まる。
児玉 智子
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号