平成24年11月号
カルカッタに溺れていたころ、相馬家の方から『中村屋のボース』を頂き、タゴールの写真が眼に焼きつき、中島岳志の本を漁るようになった。
北海道に定住したアジア研究者は、札幌近くの発寒商店街の活性化に力を注ぎ、「希望は商店街!」の報告会を聴いた。
この商店街、巨大スーパーが地元スーパーを傘下に収めてから、急激に人通りがなくなり、一気にシャッターを閉める店が増えた。
商店街の良さは、お店の人と世間話をしたり、近所の顔見知りの人と立ち話をしたり、「長い縁側」のような「社会的包摂」の機能を果たしている。
人と人との関係は斜めが重要で、縦横は利害関係と排除を生むという。
買い物難民を減らすためのコミュニティ・カフェ構想は、商店街の人達を説得、閉店した商店は、ふとんの修理や・自転車の修理や・家具の修理やとなり、若い芸術家の溜まり場に変貌していった。

大型店は雇用を生み出すというのは神話で、町全体でみれば失業状態の人は増加し、大型店の利益確保のためのリストラが労働環境の悪化を招き、行政の税収減少に直面する。
児玉 智子
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号