平成17年6月号
体内時計がサマータイムとなり、必ず5時に目が覚める。
いつものように無意識にテレビをつける。作家のリービ英雄さんが9.11テロ当時カナダの飛行場で足止めされ、飛行場のテレビで見た大きな衝撃を、日本語で表現できなくて2年間考え続け、やっと当てはまる表現がみつかり、芭蕉の「嶋々や 千々にくだけて」だったと話している。
それを聞いて「銀色の鋭角に光るナイフがビルに食い込んでいく様子」が鮮明に思い出された。
世界同時に、音がない世界で高層ビルが砕け落ちていく擬似体験をきっかけに、地球全体で膿が表出しているのだろうか。

数社のバブル後の処理がやっと終わり、その間に私の価値観も随分変った。
今のままでは垢が溜まり、自分のことを嫌いになりそうだ。
東京工業大学大学院の桑子研究室に相談に行った。桑子研究室の学生達は、環境・国土政策・医療・地域づくり等、違った立場から社会的合意形成の研究をしている。真剣に問題と立ち向かう姿に新鮮な感動があった。
これから労働の意義と企業のあり方を見直していきたいと思う。
児玉 智子
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号