平成26年9月号
週末はホームで母の顔を見て、区営プールに行き、戸越銀座か武蔵小山で買い物をする、夜は本棚と向かい合って捨てるか取って置くか考える、この生活なら続けられそうだ。
武蔵小山のアーケードに向かいながら、「平和主義」を考える、平穏なライフスタイル、この程々感は平和主義があってこそ。

アーケード中程の赤ちょうちんから三味線(さんしん)と島唄、笛の音が聴こえてきた、よく観るとみんなが喪服姿で、いやに盛り上がっている。
後冨底一良(あとふそこかずよし)さんのお清めに集まった生徒さん達、弟さんの周二さんが波照間から法事に駆けつけ、飲み屋でライブとなりました。
私もこの賑やかなお清めに参加させてもらい、島に通っていた頃のことが、残暑と焼き鳥の煙に囲まれながら、蘇ってきました。
島のムシャーマ前夜は、皆が高ぶり浴びるほど飲み、知らない家の押し入れで眼が覚める。
沖縄は、どの島も苦渋に満ちた過去があり、今の生活の中に(平和主義)を作り出す術をもっている。
児玉 智子
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号