平成30年9月号
何処も彼処も危険な暑さといわれる中、アーツ前橋に『昭和の肖像』を見に行く。
新幹線はお盆休みで帰省する家族で溢れ、家族は寄り添ってつくられていくのだなあと思っているうちに、整然と閑散とした地方都市、前橋に着いた。
写真展会場は、私だけが観客で、沈黙したシルバープリントに圧巻され、くしゃみが響き渡り、帰り際、涼しげな着物姿の石内都さんに会うことができた。
写真展でいちばん深みがあった常盤とよ子の作品、昭和32年発刊の写真集『危険な毒花』を手に入れ、戦後の女性が生きていくことについて考えさせられた。

前橋駅は、並木通りをぬけるとアーケード商店街が多く、古くからある洋装店が点在し、千円で母のシャツを買い、利根川支流の広瀬川を河畔に沿って歩けば、水量も多く、木陰が清々しい。
日本一安い遊園地「るなぱあく」は入場無料、木馬は開園した昭和29年以来、10円で乗ることができ、最多利用者数を更新している。
ゆっくり廻るメリーゴーランドを眺め、親子の会話ものんびりしていて、二子玉川園でソフトクリームを母のスカ−トに落とし、「この子は、私の子供でない」と怒られたことを思い出す。
児玉 智子
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号