平成24年1月号
新年が遣って来ました、今年も宜しくお願い致します。
昨年は「絆」という言葉の意味を考えさせられる一年で、「絆」は「しがらみ」とも表現でき、生きづらさを「繋がった気になる」のも方法だし、「しがらみ」は、そのおまけと思えばいい。
山岸俊男は、集団主義的原理によって立つ安心社会とは、社会の仕組みがそこに暮らす人たちに「安心」を提供してくれる社会で、その中で「安心」を提供してくれる社会は、相手が信頼できる相手かどうかを考える必要もない安心社会で、現代の日本が「安心社会」から「信頼社会」への転換が迫られ、近頃の若者たちの間で「空気を読む」ことが重要なのは、逆行している現象という。

とりあえず人を信頼してみて、自分の心の中で失うものはありません。まず自分自身を信頼することです。

私は人と会って、その人の思いを聴き、その背景を想像することが、とても好きです。
一人っ子の私は、相続の仕事をしながら、同じ環境で育った子供達が大人になり、こんなにも違う生き方をしていることに驚きを隠せません。
今年の新たな出会いを大切にしたいと思います。

参考文献:山岸俊男『信頼の構造』『日本の安心はなぜ消えたのか』
児玉 智子
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成17年 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号