■□  生きることの今  □■ 平成29年1月
昨年9月に逝去した道場親信の『下丸子文化集団とその時代』は、母の施設がある多摩川線を、より近しい気分にさせてくれる。
私が開業した当時は、仕事先に大田区や品川区あたりの工場がまだ随分残っていて、黙々と働く旋盤工から、いろいろな事を教えられた。
工場経営者は、地上げにあい、代替地で賃貸アパートを建てたり、得意先が海外に移転して廃業したりと、今、私の仕事先に製造業がひとつもなくなった。

大田区・品川区・港区は、第一次世界大戦後に工業化が進み、沿岸部には工場と労働者の住宅が発展したが、米軍爆撃の被害は軍需工場に集中した。
戦後、労働組合の組織化に並行して、文学・演劇・音楽などの職場サークル活動の盛り上がりは、レッドパージにより大打撃をうけ、活動拠点を職場から地域に、大田区の工場地帯は米占領下の軍事的緊張が判りやすく、「朝鮮特需」は大田区工業界に複雑な刺激を持たらせた。
1951年春、下丸子に安部公房らは、労働者と新たな文学運動を作りたいと意欲をもち、文学やデッサン、版画の彫り方を教え『詩集下丸子』が刊行された。サークル詩運動は、生活者が「書く」という行為を通じて、自分や社会を見つめ、主体形成していった。

東大赤門の斜向かいに、『詩学』を発行する古い木造の事務所があった。当時の編集長だった嵯峨さんが、人間が老いていくことを最初に教えてくれた。
児玉 智子
児玉智子税理士事務所は、長年にわたり医療法人の顧客に対し経営支援を続けている実績から (株)日本医療ソリューションズ と提携し、医業分野のアドバイザリー業務を行っております。
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月4月合併号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号