■□  医療への思い  □■ 平成20年7月
母がお世話になっている訪問介護事業の会社が吸収されケアマネージャーは退職し、同じ時期にデイサービスの責任者も辞めた。
ふたりとも福祉を仕事の場として選び、現場への思いが強かったので落胆し憤慨していた。

第二次大戦後に定着した福祉国家は、国家に所得再分配の権限が与えられた。
福祉国家は当初、重工業で労働する男性をイメージし、家庭内で無償労働する女性がいる家庭を想定していた。だから賃金喪失したときに現金給付をすれば、それが生活保障となった。
サービス産業が労働の中心となり女性が外で働くようになると、家庭内で福祉サービスをする女性が姿を消し、介護に第三者の人手を借りることがあたりまえとなり、介護はただ働きではないという常識ができた。
私は呪縛から開放され、母の介護を他人に依頼することで、夜遅くまで仕事をして赤じょうちんでストレス開放する日々を過ごすことができるようになった。
ケア労働は、ケアされる当人が、その労働を客観的に評価することができない複雑さがある。
そこに介護事業の困難さがあると思う。

責任者が交代して不慣れであっても、母は機嫌よく80歳の誕生日を迎えることができた。
児玉 智子
児玉智子税理士事務所は、長年にわたり医療法人の顧客に対し経営支援を続けている実績から (株)日本医療ソリューションズ と提携し、医業分野のアドバイザリー業務を行っております。
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月4月合併号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号