■□  生きることの今  □■ 平成24年2月
同級生から手紙が届き、定年退職したら何をしようか悩んでいるという。
「労働は美徳なり」と思い込んで夜中まで働くことで、日本は経済大国を経験した。
時間に追われる生活が身についてしまうと、「毎日が日曜日の吟遊詩人」のようなライフスタイルを送ることが出来なくなる。
もともと人間は食べ物を求めて移動して生き続け、荷物は最小限、死者は置いていく。
今となっては、定住しゴミを出し続け、暇の埋め合わせで「流行り廃り」を追い求める。

ガルブレイス『ゆたかな社会第三版』は黄ばんで、人は教育を受け知的ヒエラルヒーの末端となり優越感をえるような仕事をすべきだと、田中義幸は『会計ビッグバンの闇-知と権力』の中で、日本の権力構造を規定するための「知」のヒエラルヒーの中心的存在は大学アカデミズム、その補完的役割を果たすのが言論ジャーナリズムの存在だという。

代り映えがしない毎日を過ごすには、ちょっとした気持ちの持ち様がいる、気軽に楽しむことだ。
ペパーミント味のお茶を比較してみたり、生産地別の醤油を並べてみたり、早朝でも深夜でも、そういう気持ちの余裕があればいい。
児玉 智子
児玉智子税理士事務所は、長年にわたり医療法人の顧客に対し経営支援を続けている実績から (株)日本医療ソリューションズ と提携し、医業分野のアドバイザリー業務を行っております。
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月4月合併号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号