■□  医療への思い  □■ 平成20年11月
人の生活は、殆どが無意識に行われている。歯磨き粉を顔に塗ったり、靴の上から靴下を履いたりはしないようになっている。脳が機能していることはありがたいことだ。

母は最初の手術の翌週には横浜中華街を1時間歩き、海鮮おこげや春巻きを平らげたが、三週間後に記銘力低下と見当識障害が著しく、私のことをトリちゃんと犬の名前を呼ぶようになった。
CTを見て思う、あんなに脳の萎縮があれば血液や髄液も溜まるだろうと。
徳永医長は「もう少し様子を見る方法もある」という、私は「CTで血腫の場所が明らかなのだから、すぐ取り除きたい」と頼んだ。
先生は母の穿頭箇所に3cmの赤い印をつける。母は絆創膏をつけて待ち、1時間後には手術が始まり、一晩だけ排液チューブから排液を出し、「もう元気なんだから退院しなさい。」と言われた。

二度目の抜糸が無事終了、何かお礼をしたかった。
先生に「もう二度と来ないように。」と言われ、忙しそうに次の手術にむかった。
児玉 智子
児玉智子税理士事務所は、長年にわたり医療法人の顧客に対し経営支援を続けている実績から (株)日本医療ソリューションズ と提携し、医業分野のアドバイザリー業務を行っております。
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月4月合併号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号