■□  生きることの今  □■ 平成25年11月
奥田英朗『オリンピックの身代金』を読みながら、昭和39年当時のことを思い出している。
小学校卒業前に早朝マラソンを強制的にやらされ、中学校のバスケ部でも走ることか出来ず、まだデブだった私は、生きる気力がないまま、寝転がってオリンピック中継をテレビで見ていた。
それも、競技のルールに興味を持たず、ただボゥと時間が過ぎていた。
覚えていることは、中原街道の工事の騒音とデブから脱却して男子生徒に優しくされたかった、こと。友達のお姉さんは、夕方になると頭陀袋を持って銀座みゆき通りに行き、早くその仲間に入りたかった。

東京五輪で敗戦国日本の復興は目覚しく新幹線もモノレールも武道館も出来て、俄か大都市トウキョウの体裁は整い、残るは、英語でリベートできるようになるだけだった。

昨年から確かに建設業が盛り返し、次のオリンピックを念頭に、建設現場はアジアからの出稼ぎが増え、日本のオタク少年は数日で辞めていく。
オリンピック選手用宿舎がどんな老人ホームに変容するか、変幻自在な力がある日本の建設業を信頼したい。
児玉 智子
児玉智子税理士事務所は、長年にわたり医療法人の顧客に対し経営支援を続けている実績から (株)日本医療ソリューションズ と提携し、医業分野のアドバイザリー業務を行っております。
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月4月合併号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号