■□  医療への思い  □■ 平成19年01月
人生、笑っていられる時間が多いほうが得だと思い、すべて笑って吹き飛ばすことにした。
アリストテレスは「人間だけが笑う動物である」といっている。
確かに犬などのペットが喜んでいるように見える動作は、人間が笑っているのとは確かにちがう。
19世紀になり、ダーウィンの著書「人と動物の表情について」で、笑いが人間の社会生活で欠くことができない働きがあると述べた。
ヒトの脳の中で一番大きい大脳の表面が大脳新皮質で、動物の進化が進むにつれ、人間の脳のなかでも大脳がもっとも発達し、言語・認知・判断・創造・感情などの人間特有の精神機能が営まれている。
この大脳新皮質が本能をうまくコントロールしながら社会生活を営むのだが、抑制がいきすぎるとストレスとなり、そこから身を守るために人間は笑うようになったと考えられる。
ガン患者に吉本新喜劇を見てもらい、三時間笑った後に採血するとガンに打ち克つ免疫力が改善するという論文が平成4年に日本心身医学会で発表された。
ある病院が林家木久蔵師匠を招き、重症リウマチの患者に1時間笑ってもらったら、全員が痛みが軽くなり血液所見が改善したそうだ。
寄席の人気は自己治癒能力の結果かもしれない。
児玉 智子
児玉智子税理士事務所は、長年にわたり医療法人の顧客に対し経営支援を続けている実績から (株)日本医療ソリューションズ と提携し、医業分野のアドバイザリー業務を行っております。
令和元年 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号
平成31年 1月号 2月号 3月号 4月号
平成30年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成29年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成28年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成27年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成26年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成25年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成24年 1月号 2月号 3月4月合併号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成23年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成22年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成21年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成20年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成19年 1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号
平成18年 3月号 4月号 5月号 6月号 7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号